スケッチセキララ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大感激!『プチ・ファーブル熊田 千佳慕展』

<<   作成日時 : 2009/08/25 14:45   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
松屋銀座のプチ・ファーブル 熊田 千佳慕展に行ってまいりました。(東京展は終了してしまいました)

どこかで絵を目にしたことはあるとは思うのですが、お名前を聞いたのは初めてです。
実は虫は不得意分野ということもありまして、無料招待券をもらっても「うーん…」と思ってました。
原画を拝見した感想:

「すばらしい!!」 

こんな素敵な方がいらっしゃるんだ、と大・大・感激してしまいました。
お亡くなりになったということで、本当に残念です。一度お目にかかりたかったです…。
ただの細かい、緻密な絵、ということでなく、
一枚一枚、熊田さんならではの愛が見事に一体となって、ストーリーを感じさせる絵です。観る側も入り込める絵。
人間の底力って本当に素晴らしい…。
原画は真剣に購入したくなりました(!)が、今となっては素人には手が出せない価格になっていることでしょう…。

実はどの展覧会でも図録はめったに購入しませんが(拝見直後は原画のパワーに酔いしれているので)
あまりにも大感激してしまったことと、人混みがすごくてじっくり拝見することできなかったこと、最後の方に掲載されていた自伝をすぐ読みたかったので購入しました。しかも気付けば所持金が1000円足らず!(笑)カードでも購入可のレジに並びましたよー。
びっくりしたのが、新婚当時、仮住まいのつもりの農家の物置だったところに結局60年(!)住むことになったとか。
そして奥様の療養のため、新居に引っ越すことになったのだが、当初全く描けなくなってしまったということ。
他の人が思う“快適、心地よさ”と自分が感じるそれとは、相反するものなんだなあ、と痛感しました。
あと、鉛筆を自分の指より短くなるまで使っていらっしゃったのが印象的でした。

先日N先生にお会いした時、
「彼は寝転んで虫を観察していると、“大変!お年寄りが倒れている!”と言われていたらしいよ、ハハハ!」
と笑っておられました。
でも…きっと死ぬまで描き続けるN先生。10年、20年後、同じようなことを言われていると思うのですが…
(相変わらず失礼ですみません!)

※画像はその後、カフェ内にて。(B6、画用紙)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も職場が近いので会社の帰りに行ってきました。
千佳慕さんは歳をとるに従って目がよくなったと何かの本で見たことがあります。
あんなに細かいところを見続けていて目が鍛えられたのでしょうかねぇ
あれだけまとまった絵を見ることはもう出来ないかもしれないですね。
私もいいものを見させていただいたと思っています。
たかミ〜
2009/08/25 17:28
>たかミ〜さん:
素晴らしかったですよね。
私はこの歳にして、まだ視力低下が進んでおります。
細かくみてないってことですかね(笑)
maki
2009/08/26 08:07
作品に感動した方に会ってみたいと思っても
お亡くなりになった直後だったりして、すごく残念な思いが残る時があるよね。

私も手塚治虫さんに、押しかけてでも会いに行けば良かったと思ったことある(無鉄砲?(笑))
il mignolo
2009/08/27 00:31
>il mignoloさん:
実は手塚治虫氏の絵柄があまり好みでなく、そのせいもあって、手塚氏の漫画はあまり読まず状態でした。でもたまたま「火の鳥」を読んで目からウロコ状態、この人凄すぎ!!びっくりしました。
大人向けの漫画も描いていたのを知ったのはだいぶ後。作品の幅が広いですよね。
押しかけてでも会いにいった人、後をたたなかったのでは?(笑)
maki
2009/08/27 07:18
「プチ・ファーブル!」ですか。すごい絵ですね。僕はどんな虫でも好きです。
師範学校付属小出身ですが、大きな図書室があって放課後「ファーブル昆虫記全12巻」を夢中になって読みました。あの図書室のあの本のあった場所まで覚えています。窓の位置、いつも読んだイスの場所まで。夢中にさせる何かがありました。よほど感動したんでしょうね。この本の手ごたえが楽しかったな。

「大・大・感激」したんですね。この字を読んで感動しました。
それに大好きなコーヒーから湯気が上がっている絵、いいな〜、こんな雰囲気。
ご案内状、ありがとうございます。うかがいますよ。今回は。

2009/09/05 23:23
>慧さん:
その後BSで熊田さんのドキュメントの再放送を見ることができました。
生き様が大変惹かれました。
慧さんもファーブル好きでしたら、熊田さんの絵にも大感激されると思います。
絵って、その人がそのままでるもんなんだなあ、と改めて感じました。
自分も丸出しなんでしょうね、気をつけよう!?(笑)
maki
2009/09/06 08:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
大感激!『プチ・ファーブル熊田 千佳慕展』 スケッチセキララ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる