テーマ:アート情報

『視覚の記憶の強い人は王者である。世界を目で知る人は幸せである。』

世田谷文学館での展覧会、『堀内誠一 旅と絵本とデザインと』に行ってきました。(9/6で終了してしまいました) 名前は全く存じ上げていなかったので近所で開催中にもかかわら「ふーん?」とあまり興味示せず。 ですが、今も使われている“anan, BRUTUS, POPEYE”雑誌ロゴデザインをされた、大変有名な方ということがわかりまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大感激!『プチ・ファーブル熊田 千佳慕展』

松屋銀座のプチ・ファーブル 熊田 千佳慕展に行ってまいりました。(東京展は終了してしまいました) どこかで絵を目にしたことはあるとは思うのですが、お名前を聞いたのは初めてです。 実は虫は不得意分野ということもありまして、無料招待券をもらっても「うーん…」と思ってました。 原画を拝見した感想: 「すばらしい!!」 {%花火…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

メアリーブレア展行ってきました。

東京都現代美術館開催中、メアリーブレア展行ってきました。 とにかく、色彩のセンスが見事、というしかありません。 ウォルトディズニーの絶大な信頼を得た、というのも納得。 展示は相当な数がありましたが、展示されているのって、ほんの一部なんだろうなあと思うとまたびっくり。 手塚治虫といい、N先生といい、やはり天才は描いている数が違…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

荒井良二展行ってきました。

世田谷文学館で開催中、荒井良二展に行ってきました。 (画像はトークショー中の本人。全く似てない、すみません…。) いつもオカタイ企画が多い文学館ですので、今回の展示はちょっとびっくり。 この展覧会を知ったのは地元の図書館で。「なんだ?このチラシ!」 めずらしく、封筒の形をしているのです。 トークショーでもその辺のエピソ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

銀座ロオジェ+アート展へ

①銀座ロオジェでランチを堪能させていただlきました。 庶民中の庶民の私。普段こういうフルコースとは全く縁遠い生活を送っております。愛子さまほとんどこういう食生活なのかしら…と考えてしまいました。 なんでもミシェランに掲載されてからというもの予約は1ヶ月待ち状態だとか。席も見事に満席でした。高尾山といい、すごいんですね、ミシュラン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チョコクロスケッチ+アート展いろいろ

N先生門下生、S先生の個展に行ってきました。 都会のお洒落なカフェスケッチ、右に出る者はいないのでは!色の美しさも更にパワーアップ!? 会場の先生お手製のディスプレーも本当にお見事でした。センス抜群です。 (25日までやってます) お次は銀座シャネルビル4Fネクサスホール開催中「交差する眼差しクリスチャンポラック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初心に帰る+アート展いろいろ

初心に帰る: みずみずしいトマトが送られてきました。久しぶりに野菜を見てスケッチ欲が出ました。 こういった野菜スケッチ、初回の授業に組み込まれやすいですね。色も綺麗だし、とっかかりやすいからかな。初心に帰って新鮮な気持ちで描くことができました。 (ランドスケープG1) ちなみに私はW&N社の12色セットのパレットを使って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アート展いろいろ…

先月アップしたスケッチ、代々木公園です。今更紅葉で失礼します…。 ①上野の森美術館で開催中、レオナールフジタ展へ: 色塗り前の素描が沢山ありましたが、色塗り後のものよりも印象的でした。素が感じられるからかな。 一番ビックリが今回メインの絵、修復に7年ですよ!!そのドキュメントビデオが面白かった。私にはとてもこんな緻密な仕事でき…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

岡本太郎「明日への神話」

岡本太郎、「明日への神話」が渋谷駅で公開されました! 昨年「男鹿和雄展」を観に江東区の現代美術館に行った時、ついでに観ることができました。 実はそれまで、岡本太郎の作品はそんなに興味がありませんでした。 でも、この原画を観てから、岡本太郎を見る目が変わりました。 「この人、凄い…。」 美術館では、絵の裏側も見ることがで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大道あや展と仲間の個展へ。

渋谷区松涛美術館で開催中、大道あや展へ行ってきました。 私の好きな画家はなぜか遅咲きの女性が多い。グランマモーゼスもしかり。 60歳から絵筆をとったということですが、 一つ一つの絵にパワーを感じることができました。 それにしてもこの大きさ、点数、どうしてこんなに描けるの~!? (○○展『入選』作品とあったが、『大賞』で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more